肌,カサカサ,原因,顔

女性ならいつまでも若々しくいたいと思うものですよね。

 

そんな女性にとって大敵なのがほうれい線です。

 

ほうれい線があるだけでどうしても老けて見えてしまいます。

 

年齢を重ねるにつれてどうしても目立ってきてしまうほうれい線ですが、実は最近では20代でもほうれい線が気になるといった人が多いようです。

 

 

ほうれい線の主な原因は、年齢を重ねる事で引き起こる表情筋の衰えにより皮膚がたるんでしまうせいです。

 

しかし、まだ若いうちからほうれい線が目立つ人が多くなっている原因は一体なんなのでしょうか。

ここでは、20代でほうれい線が目立ってしまう理由やその対処法などを詳しくご紹介していきたいと思います!

 

20代でほうれい線が目立ってしまう理由は?

ほうれい線,20代

それでは、まずは20代でほうれい線が目立ってしまう理由をご紹介します。

主な理由には

  • 過度なダイエット
  • スマホを頻繁に操作する
  • 運動不足
  • 間違ったケアをしている
  • 顔のむくみ
  • 食生活

などがあります。

 

最近の若い人には心当たりのあるものがいくつかあるのではないでしょうか。

では、一体何故これらがほうれい線の原因になるのかを詳しく見ていきたいと思います!

 

過度なダイエット

モデルさんのようなスラッとしたスタイルに憧れて、ダイエットをしている人も少なくありません。

しかし若い女性の中には食事を抜いたり不健康なほど痩せようとするなど過度なダイエットをしてしまう人がいます。

過度なダイエットをしてしまうと

  • 表情筋の筋力が低下
  • コラーゲンが不足する
  • 栄養不良

など、様々な症状が出てきてしまいます。

 

表情筋の筋力が低下する事で顔の皮膚はたるみ、コラーゲンが不足してしまう事でお肌のハリがなくなってしまいます。

そして栄養不良によって肌をはじめ、髪や爪までボロボロになってしまうのです。

 

そのため、過度なダイエットをするとほうれい線が目立ってしまいます。

 

スマホを頻繁に操作する

『スマホを操作する事とほうれい線に何の関係があるの?』

と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

実は、スマホを操作する時の体勢や姿勢にほうれい線の原因があります。

スマホを操作する時、どうしても顔を下に向けてしまいます。

すると、重力の影響で頬の肉が下がってきてしまうのです。

 

それだけでなく、スマホを操作している時は猫背になったり姿勢が悪くなりがちです。

 

その影響で血行が悪くなり、ほうれい線の原因になってしまいます。

 

ちょっとした調べ物やメール程度は大丈夫なのですが、長時間になるとほうれい線の原因になってしまうので注意が必要です。

 

運動不足

運動不足になってしまうと、血行が悪くなってしまいます。

血行が悪いとリンパの流れも悪くなり、ほうれい線の原因に繋がります。

また、運動不足だと新陳代謝が悪くなりコラーゲンの生成もされにくくなってしまうのでお肌のハリもなくなってしまうのです。

 

しかしいきなり激しい運動をしてしまうと、逆に負担がかかりすぎて老化を進行させてしまいます。

そのため、有酸素運動などを自分のペースで続けるのがおすすめです。

 

間違ったケアをしている

最近では、若いうちからバッチリメイクをする人も多いと思います。

メイクをするという事はクレンジングをしなければならないのですがそのクレンジングが不十分だったり、クレンジング後の保湿をしっかりしなければ肌に負担がかかってしまって、ほうれい線の原因になります。

またしっかりとメイクを落とさないといけないからといって、強くこすってしまうのも逆効果です。

優しくクレンジングして、顔だけでなく首まで保湿してあげるのが大切です。

 

顔のむくみ

顔がむくんでいると、その頬のむくみが垂れ下がってきてしまいほうれい線が目立つようになります。

そして、そのむくみの主な原因は塩分の摂り過ぎです。

血液中の塩分濃度が高くなると、その濃度を下げようと水分を溜め込もうとするのでむくみに繋がります。

日頃の食事から塩分を摂り過ぎないように気をつけたり、寝る直前に水分を摂り過ぎないようにしましょう。

また、むくみ改善にはリンパマッサージも効果的です。

 

20代がほうれい線が目立たなくするためにすべきことは?

ほうれい線,20代

では、ほうれい線が目立たないようにするためには一体どうすれば良いのでしょうか。

 

ここではほうれい線に効果的なケアをいくつかご紹介したいと思います!

 

ほうれい線に有効な保湿ケア

肌のダメージによる乾燥などが原因のほうれい線に効果的なのが保湿ケアです。

 

肌の水分が減ってしまうとハリが無くなりたるみが出来てほうれい線が目立ってしまいます。

 

それだけでなく、日頃から保湿をしっかりとしていないと肌を守るバリア機能が低下してしまうのでほうれい線予防のため以外でも保湿ケアはとても重要です。

 

保湿ケアの方法は自分の肌に合った化粧水・乳液・クリームなどを使うだけで良いのですが

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などを含んだものを選ぶと保湿力を高めてくれるのでおすすめです。

そして保湿の手順は

  1. 洗顔の後すぐに水分を取り除く
  2. その後すぐに化粧水をつける
  3. 美容液か乳液をつける
  4. クリームで蓋をする

です。

洗顔やクレンジングは擦りすぎると逆に乾燥してしまったり、肌を傷つけてしまうので気をつけるようにしてください。

また、たっぷりとつけると良いのかと勘違いする人が多いのですが、逆効果になってしまうので適量で保湿するのがポイントです。

 

ほうれい線に有効なマッサージ

やはりほうれい線に直接アプローチしてくれるマッサージはとても効果的です。

ポイントは、強くやるのではなく皮膚に手を当てて手の重みだけで軽く滑らせるようにしてマッサージする事です。

それでは、誰でも簡単に出来るマッサージの手順をご紹介します!

  1. 両耳の下に左右の手を当ててそのまま鎖骨まで3回すり下ろす
  2. 鎖骨のくぼみに手を当てて時計回りに10回回す。
  3. 鼻筋を両手で挟むようにしてこめかみ、耳の下、鎖骨の順にリンパを流す

たったこれだけです!

すぐにでもはじめられるので、是非やってみてください。

ほうれい線解消はもちろんですが、リンパがしっかりと流される事で血色が良くなったり、肌のツヤも良くなります。

 

ほうれい線に有効な運動

ほうれい線には有酸素運動が効果的です。

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 水泳
  • エアロビクス
  • 筋トレ

などがおすすめです。

何故有酸素運動がほうれい線ケアに繋がるのかというと、運動をする事で血行が促進され酸素や栄養が肌にしっかりと行き渡る事で、肌のツヤやハリが良くなるからです。

また、新陳代謝も良くしてくれるので肌の再生力も高めてくれます。

 

その他のほうれい線対策

その他のほうれい線対策としておすすめなのが食事に気をつけることです。

まず、食事をする時に左右バランス良くしっかりと咀嚼する事で、口の周りの筋肉が鍛えられてほうれい線解消に繋がります。

それだけでなく

  • 保湿作用のある食材
  • 新陳代謝や血行を良くしてくれる食材
  • 肌の老化を防止してくれる食材

などを積極的に摂ることで体の内側からほうれい線を予防してくれます。

おすすめの食材は

  • 納豆
  • こんにゃく
  • たまねぎ
  • ゴマ
  • キウイ
  • レバー
  • 牛すじ肉
  • ブロッコリー
  • じゃがいも
  • さつまいも

です。

この食材を日頃から意識して摂るようにしてみてください!

しかし、これらばかり過剰摂取するのはあまり良くなく、あくまで日々の食事にうまく取り入れていくことが大切です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

20代でもほうれい線が目立ってしまう原因は生活習慣にあります。

いきなり全てを改善しようとするのは難しいと思うのでちょっとずつでも意識して過ごすようにしてみて下さい!

 

そして、自分に合ったほうれい線対策を試してみてください。

まだまだほうれい線が目立つのは先の事だと思っている人もいるかもしれませんが、日々の積み重ねがとても大切です。

 

いつまでも若々しく綺麗でいるためにも、日頃から意識するようにしてみてください!

 

ちなみに、化粧品での保湿ケア用品に何を使えばいいかを悩んでいるあなたにおすすめするのはこのアヤナスです。

私も使っていますが、本当にほうれい線が薄くなってきました♪

おすすめですよ!!

 

>>ほうれい線を消すならコチラ!

【ほうれい線訴求】アヤナストライアルセット