体操

ほうれい線を無くす体操⑤あいうー体操

ほうれい線,無くす,体操

あいうー体操

 

あいうー体操は、あごの下の顎舌骨筋を鍛えるのにとても有効です!

顎下骨筋を鍛える事で口の周りや、頬を支える筋肉も鍛えられてたるみやほうれい線の予防になります。

あいうー体操の他に、まいうー体操やあいうえお体操などと呼ばれることもあります。

普段使わない筋肉は意識して使うようにしなければどんどん衰えていってしまいます。

しっかりとエクササイズするようにして顔の筋肉を使うようにしましょう!

 

 

あいうー体操のやり方

あいうー体操は簡単で、誰でもすぐ実践できるので是非やってみてください!

  • 出来るだけ大きな口をあけて10秒間『あ』の口をする
  • 次に出来るだけ口を横に引くようにして『い』の口をする
  • 最後の十秒間『う』の口をする

これを1セットとして、1日5セット行います。

 

これを行うことでどこの筋肉が鍛えられるかというと

  • 『あ』…顎下にある顎下骨格
  • 『い』…頬にある大頬骨筋小頬骨筋
  • 『う』…大頬骨筋小頬骨筋上唇挙筋口角挙筋頬筋

などが鍛えられます!

これらを鍛える事でほうれい線やたるみの予防になるためしっかりと鍛えましょう!

 

 

ポイント

口の周りの筋肉をしっかりと動かすことが大切になってくるので、筋肉がよく動いているかを意識しながら大きく口を動かすようにしてください。

しかし、無理して一気にやりすぎてしまうと逆にシワの原因になってしまう事もあるので無理のないように自分のペースでやるようにしましょう。

 

>>ためしてガッテンで紹介された体操も効く!

 

ほうれい線を無くす体操④くちびる体操

ほうれい線,無くす,体操

くちびる体操

 

くちびる体操とはテレビ番組でも取り上げられたほど有名な体操で、美魔女医の宝田恭子先生によるたった二週間でほうれい線が消える方法として紹介されました。

 

ほうれい線は、顔の頬の筋肉が年齢と共に重力に負けてしまいたるむことによってくっきりと出来てしまいます。

それを防ぐためには頬の筋肉を支えている口回りの口輪筋という部位を鍛えなければいけません。

このくちびる体操では1日たった6分で口輪筋をしっかりと鍛えることが出来るのです!

 

くちびる体操のやり方

まずは自分の口輪筋力があるかどうかをチェックしましょう!

500mlのペットボトルを用意して女性は100ml、男性は150mlの水を入れます。

それを唇だけで咥えて10秒間キープする事が出来ればOKです。

それでは次にくちびる体操をご紹介します。

でんでんむしの歌はご存知でしょうか。くちびる体操はその歌にあわせて行う体操です。

歌にのせて頬をリズム良くふくらませていきます。

  1. でんでんむしむしかたつむり…右頬を8回膨らませる
  2. お前の目玉はどこにある…左頬を8回膨らませる
  3. つのだせ…上の歯茎と唇の間を膨らませる
  4. やりだせ…下の歯茎と唇の間を膨らませる
  5. 目玉出せ…目を見開きながら顔全体を膨らませる

 

たったこれだけで?と思う人は是非ためしにやってみてください。

想像以上に顔の筋肉を使い、頬の辺りが痛くなる人もいるかもしれません。

 

これを2週間続けるだけでほうれい線がみるみるうちに薄くなります。

 

ちょっとした時間に出来るので是非やってみてください。

 

>>ほうれい線を無くす体操⑤をチェック!

 

ほうれい線を無くす体操③ペットボトル体操

ほうれい線,無くす,体操

ペットボトル体操

ペットボトル体操とは、その名前の通りペットボトルを使ってするほうれい線解消エクササイズです。

ほうれい線の原因のひとつに口輪筋の衰えがあります。

このペットボトル体操はペットボトルを咥えて息を吸ったり吐いたりするだけで口輪筋が鍛えられ、ほうれい線の改善になります!

最近ではほうれい線解消グッズのひとつに、顔の筋肉を鍛える口に咥えて使用するタイプのものがありますが空になったペットボトルを使うこの体操をやればお金をかけることなく同じような効果を得ることができます!

 

ペットボトル体操のやり方

それでは、ペットボトル体操のやり方をご紹介します。

事前に用意するものは2Lの空のペットボトルです。

  1. 足を肩幅に開き立ちます
  2. ほーっと声を出しながら息を全て吐き出します
  3. ペットボトルを咥え思い切り息を吸い込みます。ペットボトルはへこんだ状態に。
  4. 咥えたまま思い切り吐き出します。ペットボトルは元の状態に戻ります。

ポイントとしては息を吸うときにお尻をキュッとしめるようにする事です。

そして、唇だけを使って吸い上げながら7秒程度数えたらしめたお尻をゆるめながら息を吐き出します。

 

息を吸う時は頬の筋肉をへこませるように、吐くときには頬の筋肉を膨らませることを意識しながらやるとより効果的です!

 

これを1日3セット行うようにして下さい。

 

一週間続けるだけでしっかりと効いている事が実感できるはずです!

 

ペットボトル体操のやり方を動画でチェック!

 

>>ほうれい線を無くす体操④をチェック!

ほうれい線を無くす体操②歯磨き体操

ほうれい線,無くす,体操

歯磨き体操

 

歯磨き体操とはその名前の通り、歯磨きをする時に少しだけ意識して歯を磨くだけのほうれい線のケアです!

 

ほうれい線のケアで一番大切なのは毎日きちんと続けることです。

 

歯磨きは毎日必ずするものなので、歯磨きでほうれい線ケアを習慣にしてしまえば特に意識しなくとも毎日ほうれい線のケアが出来てしまいます!

 

その上、歯磨き体操はほうれい線ケアに良いとおすすめされているあいうえお体操や、ベロ回し体操などの要素も含んでいる為効果もしっかりと感じられるはずです。

 

 

歯磨き体操のやり方

まず、歯磨きをする時には必ず口を開けると思います。

その時の開け方をいつもより大げさに、出来る限り大きく開けてやってみてください。

それを意識するだけで、あいうえお体操をやっているのと同じ効果を得ることが出来ます!

それだけでなく、口を大きく開けることは顔全体のストレッチにもなるのでリフトアップ効果も期待できます。

次に、歯磨きをする時歯ブラシの背中の部分で頬の内側からほうれい線の部分をマッサージするようにしてほぐしましょう。

これは、ベロ回し体操同じようにほうれい線を口の内側から刺激する事でほうれい線を薄くする効果があります。

舌を使うよりも歯ブラシの背中の部分を使うことでよりしっかりとマッサージをする事が出来ます。

 

毎日の歯磨きの際には是非これらを意識して磨いてみてください。

 

日々の積み重ねがほうれい線のケアにはとても大切なことなのです!

 

>>ほうれい線を無くす体操③もチェック!

ほうれい線を無くす体操①ベロ回し体操

ほうれい線,無くす,体操

ベロ回し体操

べろ回し体操とはその名前の通り、ベロを回すことでほうれい線を解消する体操です。

 

気軽にどこでも出来るので、ここでご紹介する正しいやり方とコツを覚えて是非試してみてください!

 

ほうれい線の原因には様々なものがありますが、その中でも特に言われているのが表情筋の衰えです。表情筋とは目や鼻、口などを動かす為の筋肉なのですが老化に伴いどんどん衰えてしまいます。

 

すると、顔がたるみほうれい線が目立つようになってしまうのです。

 

そこでこのベロ回し体操を行うことで表情筋が鍛えられる為ほうれい線解消に繋がります。

 

また、ほうれい線解消だけでなく二重顎シミ・しわ予防小顔効果も期待できるので是非試してみてください!

 

 

ベロ回し体操のやり方

ベロ回し体操はとても簡単で誰でもすぐに実践できます。

  • 口を閉じたまま舌を歯に沿って左回しにゆっくりと20回回します。
  • 次に同じように右回しで20回回します。
  • 左右20回ずつを1セットとして、1日3セット行います。

 

 

ポイント

ポイントは、ベロを回す時にはゆっくりと回すことです。

そうする事でより高い効果を実感できます。

また、ベロ回し体操をする時間帯は朝起きた時、夜寝る前にやるのがおすすめです。

朝起きたときに行うと歯周病や口臭の予防につながり、夜寝る前に行うと歯軋りや食いしばりが改善されるのでそれらに悩んでいる人は是非その時間帯にためしてみてください!

 

ベロ回し体操のやり方動画もチェックしてみて!!

 

>>ほうれい線を無くす体操②もチェック!